Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mari1203.blog.fc2.com/tb.php/253-9a01dc74

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

シェアリングリベンジならずーーー!

こんにちは

肩を落とし、頭を垂れてますܤ

内山です。


、、



先日、開催されました
第1回UCHIYAMA杯 シェアリング大会Ԥ餭
引き続き、昨日、第二回を取り行う予定でしたが
夫の帰宅が遅く、順延…と思いきや

夜中にガバッと起きて、「何時からするの?」と聞かれ
「へ?」
「あの、あれ」(通じてしまう、わたし)
「明日でいいよ~」
「朝な!」
「へ?」
そして、夫再び寝る。

えっと、ワタシ、ブログが消えたり、なんだかんだで遅くなって
今から寝るんです。
2時回っとります。
早朝はキツイでゴザイマス。

と、言いたいのをこらえて
「う、うんじゃあ起こしてね」
と言って、めっちゃ、やりました、骨盤呼吸法!&肩コリのセルフケア。


そして、朝ーーーーー。

「5時だよ」「5時半だよ」と起こされました。

起きました、起きましたが、何か不安~。
だって、もっと良いコンディションでやりたいじゃないですか?

ま、こんなこともあるか、
コミュケーションはどんな時でも必要なのだ!
と、自分に言い聞かせ開始。

再び説明をして・・・。
き、聞いてる?
それでも説明をして・・・。

始めます。
テーマは前回と同じ
「人生」「仕事」「パートナーシップ」

選んだテーマを、象徴する絵を2分で描きます。

今日は、話す時間は4分
前回より1分長いです。

そして、聞いた人は50秒で要約して相手に返します。

さて、さて
リベンジを掲げた今回は?

両者、またしても『パートナーシップ』回避!
二人とも『人生』を選択。

そして、またまた夫から、語り私がメモる。

Image604.jpg

もうね、もう堂々と公開しますわよ!!!

だから、絵がデカイんです。
今日も言ったのに、にぎりこぶし作っていたのに
なぜ!!!?今日は聞かずにられない
「ん~なんとなく?」
なんも言えねー。

そして、人生について語りました。
なかなか、楽しそうにはなしてました。


そして、私が話、夫がメモる。

Image605.jpg

だ、だから字が小さいって言おうとしたら
よく見ると、前回より少ーーーーーーーしだけ、大きく
何とか読める。
んんーーーー、中途半っっっ端!!!
枝が、矢印????
いたずら書きは・・・ない。
いいかこれで・・・。

と思いながら、進めていきました。

前回、要約がうまくいかなくて悔しそうにしていた夫。
今回はぴったり50秒。
満足。

そして、最後のお互いへのメッセージは、私へのダメ出し。
なんだかな~。

ま、人生について相手の考えを知ったりもしましたが
そんなのが吹っ飛ぶくらいのシェアりングに
時間がたつにつれて、納得がいかず
やり直しを申し出たくなりました。

でも、こんなパターンもあるんだな。
すべてがうまくいくわけじゃないし、いろんな人がいる、
ここで、自分の思い通りに誘導して言ったら
コントロールになりはしないか?なんて思って。
しばらく考える事にしました。
いつだって、コンディションが万全なんて事はないし
今日みたいなことは、日常茶飯時。
シェアリングするから、しないからとか関係なく
コミュニケーションを図っていかなくてはならない。
そう、まさしく今日の私たちだ。
寝むたいよ~って、眠ってしまわなくてよかった。
大事なことに気が付けた。

ちょっと、時間をおいて
もう一回、やりたいなと思いました。

いつかは、パートナーシップ?!



☆本日のトレを振り返る☆
●ボールEX基礎練習
・正しい姿勢を、長時間維持し続ける為には、腹筋がまだまだ必要。肩を下げて、後ろに引いた状態を継続し続けることが重要。ここが、できないと内転筋が使いこなせない。
・ステップタッチ、Vステップの形を安定させる。

●リード練習
・参加者を意識するということを、大前提にしていく。いままでここが欠けていた。しぜんと笑顔になるし、話し方、声のトーンにも変化が出る。わかりやすい言葉を使っていると思っても、もっと他にはないか考える。何より弾んでいて楽しい。
・まだ、息が上がる(後半)。発声練習や弾みこみが必要。

●アイソレーション
*肩
・もっと、腹筋に力が入る余地がある。日常生活から、肩を下げ、腹直筋の下部に力を込める癖をつける。
・動きが硬い。リズム取りと組み合わせた時の動きを、練習で自然なものにする。右の動きを強化

*胸
・肩のラインを維持するために、ゆっくりのカウントで。昨日に引き続き行う。まだ早いと肩が上がる。
・前後の時の大殿筋を、抜けないように意識。

*腰
・左が動くようになってきた。が、油断すると、まだうしろに引いてしまう。
・メリハリをつける

Image606.jpg




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mari1203.blog.fc2.com/tb.php/253-9a01dc74

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

内山麻理子

Author:内山麻理子
NPO法人マドレボニータ認定産後セルフケアインストラクター
新潟県長岡市在住
夫・長男(8歳)・次男(5歳)の4人家族

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。