Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mari1203.blog.fc2.com/tb.php/295-84e7db8e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

産後を、なめたらいかんぜよ。

こんにちは
内山です。

4月という事で、夫は
異動があり、激務となって
夜は子どもたちに会えません。
私に会えない事も。

夫と同じ布団で寝る、長男テンスケが
そんな夫へ起き手紙をして寝ました。

Image809.jpg

ま、私が書けって言われて書いたんですが
本人は満足

そして翌日

Image811.jpg

何で、わざわざと思いますよね。
深夜帰宅した夫は、テレビを見ながら朝を迎えるのです。



○●●●○○●●●●●○○○○○●●●○○●●●●●○○○○


ここのところ、別の場面で二度、
産後セルフケアインストラクターってどんなお仕事なの?
と聞かれて、今の私の持っているものを最大限(大げさ?)使って
説明させていただきました。

一人には、
「うん、いい仕事だねがんばってよ。
 ところで、僕は対象外なんだよね」
と言われてしまった。
そう、話し相手は男性です。

もちろん産後クラスには参加していただけないけど、
産後って、本当のところ女性だけのものではないと思うので
そういった意味では、対象外ではないですよ、とお答えした。
そのかたは、まだお子さんがいらっしゃらないけど
その時が来たら、ぜひ!と言ってくださった。

素直にうれしかった。
頑張って、産後セルフケアインストラクターになろう!と思った。


そして、もう一方。
こちらは女性です。
同じように説明した後、ポロリと
「そんな事するより、働くことに働く事でいっぱいいっぱいだと思うけど」
と、言われて固まった。

その場で、大した事も言えずに帰ってきてしまった。
悔しい。
育休明け、その、働く為にだって、体力は必要だ。
産後の不調を引きずったままでは、働いてもツライだけだ。
万全の態勢で働きたいからこそ、体力をつける必要があるのに!!!

もう!私のバカ!
私の力不足を感じました!
もっと、大切な事を、わかるように伝えなくては!と。
自分の伝え方は、
まだまだ学ぶべきところなのですが
それは今回はおいといて。



どうして、産後を見ようとしないのかな?
なんでかな~どうしてかな~と考えました。

妊娠、出産は、すごーく、みんな気を使ってくれる。
新しい命の誕生に、希望を膨らませている。
なのに、産後は、そうでもない。
赤ちゃんが生まれたら、後はお母さん、頑張ってみたいになる。

妊娠、出産だけが、命のリレーだと思わない。
産後も、命のリレーは続いていて、
一人では何もできない赤ちゃんを
出産後の、普通の体ではない母親が24時間体制で面倒をみる。
体にも、心にも負担がかかる。

そんな、状態を母一人で、何とかしてというのは無理な話なのだ。
協力してくれる人が必要だ。
母も、協力してくれる人に素直に委ねて、感謝することが必要だ。
簡単なことではない。

そして、母は子育てに必要な体力をつけて
パートナーや、家族とコミュニケーションを図っていかなくてはならない。
これだって簡単ではない。

でも、
生む事だけじゃなく、その後の
生まれてきた赤ちゃんを取り巻く大人たちが、
酸いも甘いも経験し、清濁併せのんで
それでも頑張っていこうとする、その姿を見て
赤ちゃんが育っっていくことこそが
命のリレーじゃないかと思う。

産後を、軽く見たらいけません。
産後をどう過ごすかで、大きく変わっていくのは
母だけではないのです。

まずは、産後女性の体力回復からです。


○●●●○○●●●●●○○○○○●●●○○●●●●●○○○○


☆本日のトレを振り返る☆
へそ上げ
・へそ周りが筋肉痛
・なんとなく力の入れどころがわかる
・もっと上がれ

ޥボールEX
・腕の形を徹底
・特に肘を後ろに隠す。なぜ、隠れない?
・手は、とりあえず腰骨におく癖をつける

ԡリード練習

●時間は?
・ギリギリ、8分
・もっと余裕が欲しい
●笑顔で話しているか?声の表情は?
・始終笑顔、苦しくても何があっても笑顔
・声は単調にならないように、明るい声で

●無駄な“間”はないか?または“間”が必要な場所はないか?
・基本姿勢を、もっとテンポよく。特に脚のところ。
・曲のつなぎがうまくいくようになってきた。

●どんな人にとってもわかりやすい言葉を使っているか?
・「手で挟んだ場所が骨盤、ココを床に対して垂直」わかりにくい→手を挟んだ手のひらのラインを見るとわかりやすい事を説明した方がよさそう

●ひとりよがりな表現になっていないか?
・「脚は腰幅」の時は脚で、示す。
・足を痛める原因→膝
●上から目線になっていないか?または、かしこまりすきていないか?
・上から目線でもかしこまり過ぎでもない
・ゆっくり過ぎないように

●参加者へのリスペクトの気持ちを持てているか?それを表現できているか?言葉づかい、  声、語尾などは適切か?
・もっと、伝えることを考える。
・こちらに耳を向けてもらえる伝え方。
・「~いきましょう」はもっと勢いがあってもいい

●初めての人でも入りやすいキューイングができているか?
・手脚の組み合わせ、すぐに右、すぐ左が突然すぎる

●十分に聞き取りやすいか?耳障りではないか?トーン、大きさ、かつぜつは?
・高い声が出るようになったので、低い声も。
・どこを強めに話すか?など考えながら進める

●次回への課題
・聞いてもらえる声の出し方
・8分に余裕を持って収める

○全体のふり返り
・腹筋部分を重点的にやったので、後半のテンポがよくなった。基本姿勢も言葉を変えてみたが、しっくりこない。もう一度になおしていく

Image819.jpg

アイソレーション
*肩
・左の下へ打つ力が弱い
・半カウントが早取りになりやすい
・上下など、横から見ると肩が前に来るのがわかりやすい

*胸
・左右はもっと可動域を広げるつもりで
・前後は前への動きを意識して
・4方向は右肩が下がらないように

*腰
・左肩が下がらないように
・前に傾けた時、大腿四頭筋が伸びるのを感じるくらいまで

*リズム取り
・アップの時にぶれないように
・低い位置で、しっかりリズム取り

*ウォーキング
・肩を下げて、肩甲骨を寄せるように
・骨盤を回転させること、ミゾオチから歩く




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mari1203.blog.fc2.com/tb.php/295-84e7db8e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

内山麻理子

Author:内山麻理子
NPO法人マドレボニータ認定産後セルフケアインストラクター
新潟県長岡市在住
夫・長男(8歳)・次男(5歳)の4人家族

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。