Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mari1203.blog.fc2.com/tb.php/454-e0a77ebf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

『今日のノート』

こんにちは
内山です。

またしても3連休!
この季節は多いですな~。

さて、夏の終わりと共に終了した(ちょっと無理やり?)養成コース6期。
その振り返りを、ちょこちょこ、こちらでご紹介させていただいております。
今現在、えっと6月まで進んでいたと思います。

暗黒期(あくまでも内山に限ってですが)の6月は、
パートナーとも何とも言えない重~い空気が・・・。
一番、深く雲が照れ込めていた頃ではないかと思います。

どかーんと、衝突するのは7月に入ってからなのですが
何ごとも、不気味なのは嵐の前の静けさの時。
私たち夫婦は、それが6月だったのではないか?と思います。

ええ、ええ、その頃は、
なんにも問題ありません風に、外じゃ装っていましたよ。
痛いな~。

その後、衝突やら話し合いやらを繰り返すのですが
んじゃ今現在どうなのよ!って聞かれると・・・

ん~なんて言うか、一歩進んだかも?というくらい。
おいおい、ですよね。

実は、8月の終わりに『産後白書3』を制作するためのボランティアスタッフの募集が始まりました。
なんとテーマは【パートナーシップ】。

こりゃ黙っていられない!と思い、すぐさま名乗りを上げました。
でも、プロジェクトに加わるには課題があったのです。マドレらしい!ޥ

パートナーから、産後白書3プロジェクトに加わること、
そしてパートナーシップについて、どう思っているか?を引き出してくること。
そう、産後白書3のテーマはパートナーシップ
まずは、自信のパートナーシップからということです。

ではではと、夫と話す・・・。
話す・・・。
はな・・・・す・・・・。
ん?んんんんーーーー????

聞けないのですよ、夫からの魂の声が。
上っ面だけの、間に合わせの言葉しか聞こえてこないのです。
そんななので、私も当然(!)イライラしてきます。
これまで、さんざん話してきた?にもかかわらず
まともに話す状態じゃない!!!

そのうえ、お互いのパートナーシップが食い違っていることにも気がつくå
shockでした。
shockですよ。

一人考えて、まずはこのままではこの先が不安ということに身震いし(本当に)
こんな状態で、産後白書3プロジェクトには参加できないことを自覚し
これからどうしていくべ、と頭を抱えました。


まずは、今の状況を冷静に見て
夫がゆっくり話せる状態になるのを待ち、働きかけ
今後の意見をすり合わせていくことが必要だ!
と思ったのですが・・・
そこに持っていくまでが簡単ではなく。

つまりは、根本的なパートナーシップについて
もともと違っていたのか、
すり合わせ、共通で思っていたものがいつの間にか食い違ってしまったのか
またはその他なのかはわからないが
とにかく、すり合わせていくには時間が必要であり
今の、状況ではきびちい。

ゆっくり話す時間は、ほとんどない。
夫が、向き合う態勢にない(体力的に、精神的に)。
というのが、現実。どうすべ~。

まずは、私がすケンカ腰になったり、
自分の意見をごり押ししたりするのを控えるようにして(控える程度かい)
相手が、話してきた時は、とことん付き合う

でも、やっぱりそれだけでは足りないみたい。
とかして、ない時間を縫って話すようにはしていたんだけどな。

ということで、さらに探ることにした。
で、たどり着いたのが『今日のノート』

これは、産後クラスの参加者のお話を参考にしたもの。

開始した日のツイートをまとめてみました。


ǭǭǭ

『今日のノート』は交換日記というより、ホワイトボード的な役割+日記のようなもの。じっくり話す時間がない時には特に活用したい。決まりはただ一つ。文句、誹謗中傷は書かないこと。その際は直接話し合うこと。ポイントは、メールではなく、手書きのノートということ。

一見、相手の気持ちを知ろう!というよりは自分の気持ちを知ってという風にとらえられてしまいそうだが、そこから相手の言葉を引き出していきたいというのが本当のところ。もちろんお話する時間がある時は、ノート君はお休み。

毎日の出来事や、子どもたちのこと、お互い話そう聞きたいと思っても、遅く帰ってきたら寝てしまっていたりしてなかなか話す時間が取れない。朝は、バタバタしているし。そうこうしているうちに、話そう、聞きたいと思うことが流されていく。それを食い止めるための策なのだ!


と、いうものです。
毎日ではないし、連絡事項は書いていない。
それは直接、またはカレンダーへ。
たわいもない、でも伝えたいことを書くのがみそ。
読まなくちゃというプレッシャーもない。

きっとしばらく一方的だとは思うけど、
そのうち夫から、書いてくれることがあったらいいな。

読んだことへの反応は、ありますので。
まずは、お互いを、より知ることから。


産後白書3の発行までには、足並みそろえていきたいなと思います。



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mari1203.blog.fc2.com/tb.php/454-e0a77ebf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

内山麻理子

Author:内山麻理子
NPO法人マドレボニータ認定産後セルフケアインストラクター
新潟県長岡市在住
夫・長男(8歳)・次男(5歳)の4人家族

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。