Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mari1203.blog.fc2.com/tb.php/458-86c7c18f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【養成コース振り返り7月その2】と、ジェットコースター。

こんにちは
内山です。

ヤキモキしてます。
ヤキモチܤäƤじゃないですよ~。

「ね、なんかいいダジャレない?」と長男に突然聞かれ
布団が吹っ飛んだくらいしか言えなくって・・・。
ヤキモキの原因はそこじゃないんですけどね。


今週、次男長男の順番で体調を崩しており、
その為のやりくり、予想もしなかった思わぬ流れ、そのために割いた時間プライスレス・・・
じゃなくて、
じゃなくてですね、腹をくくってやりくりして、ヨッシャ!と思っていたらですね
結果として、そこまでしなくてもみたいな感じになり
「ええ~ۤ、何のために?」って、
俗に言う空回りってやつですかね?

頑張りすぎ?そこへ、デジカメが壊れただの、明日は運動会だの、
数日前に伝えたことが、その場で即否定されたのに、
今日になって「やっぱ、あんたの言ったとおりだった」(時すでに遅し५)だの
ここ数日の、感情の変化がジェットコースター級。
本物も得意じゃないけど、こういうのも得意じゃない。

こういう時はどこかで、スチャッと切り替えたい。
以前は、酒ܼに走ったが
最近は、ただの現実逃避ということに気が付き、それすらしなくなった。
(食事より、“酒が好きな私”を知っている人、信じて~)
これ、養成コースのたまもの。
酒に逃げない自分も、養成することができました!
養成コースが終了して、キャーӡ磻????饹ƥܼってなるかなと思ったら
意外と落ち着いてます。

ア、好きは、好きです。エエ、誘われたら呑みに行きたいです。


さて、こんな前ふりどうかと思いますが、
今日も養成コース振り返りです。
感情の起伏が、一番激しかったと言っても過言ではない、7月。
迷走期の6月の後の反動もあってか、
焦りや不安を自覚しているようで、できていなかったですな~。


 養成コース振り返り7月・その2


アシスタント研修が再開しました。
紫磨子先生の吉祥寺東クラスへ。初めてみねみねと一緒のアシ研でした。
この月は、マドレ基金(双子支援)の方のご参加や、
聖路加大学院生のTさんがご参加されたりとにぎやかなクラスになりました。
アシスタント研修で双子支援の様子、その変化を拝見させていただけてよかったと思います。

また週を追うごとに参加者の変化を感じることができ、
こうして卒業していくのだということを感じた月でもでもありました。

そして、みねみねのリードの完成度の高さに刺激されました。
場の空気の作り方、巻き込み方、吸収力など見習うべきことが沢山ありました。
一緒にアシ研に入ることができてよかったと思いました。


体験会では、GOOD&NEWが加わり、ようやく産後クラスらしくなってきましたが、
シェアリングが思うように進められず悩んでいました。
発言していただいても良い返しができない、
何を返していけばいいのかわからなくなっていました。
それを思い切って、4,5期生の先輩方とのスカイプMtgでお話ししました。
「いいことを言わなくてはならないということより、シェアリングが好きかどうか、
参加者のお話を聞きたいといく気持ちを表すことが大事」
とアドバイスをいただきました。ここでまた一つ、型にはめようとしていた自分に気が付き、シェアリングとは何かを考え直すきっかけとなりました。

これまで参加した産後クラスや、アシ研を振り返り、自分がその場でどう感じたか?何を考えてきたかを思い出してみました。
これによってシェアリングへの苦手意識はなくなってきたと思います。
 

へそ上げはその後も、練習を続けています。
合格できずに悩んでいた時のふじみんの
「自分が納得できるか、お客さんが納得してくれるか?」
の言葉が常に頭の中にありました。
あっと驚くへそ上げを完成させていきたいと思います。


そして、7月半ば、パートナーとついに衝突!!!
初めて具体的にパートナーより私に対しての意見?がつきつけられました。
が、ここまでじっくり話し合ってこなかったつけが回ってきたのだと思い、
しつこいくらいに話をしました。
お互いの思いをぶつけあったことで、このままではいけない、
協力してやっていかなくては取り返しのつかないことになるという危機感を持ち、
その後は改善していきました。
会話は少しずつ増え、きつい時はきついことをお互いに伝えるようにしました。
それから、「頑張ろう」と声を掛け合うようになってきました。
それまで、「ありがとう」「ごめんね」を言うことはあっても
お互いを励ますことをやってかなかったのです。
こんなに近くにいるのに、自分ばっかり頑張っていると思い込んできたのです。
そりゃ頑張れないですよね。
養成コース終盤になってようやく、お互い頑張ろう!という雰囲気になってきたのです。
やっと同じ物を見て、一緒に歩いていると思えました。



そして、7月で、同期の峰岸圭衣さんは養成コースを終え翌日の8月1日にデビュー´ȼ
私は、一人養成コースとなりました。
不安はありましたが、前回でも少し触れていたように
この1カ月は、無駄にしないという思いが強くなっていました。

この振り返りもあとわずか、もうしばらくお付き合いくださいませ


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mari1203.blog.fc2.com/tb.php/458-86c7c18f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

内山麻理子

Author:内山麻理子
NPO法人マドレボニータ認定産後セルフケアインストラクター
新潟県長岡市在住
夫・長男(8歳)・次男(5歳)の4人家族

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。